code:RND

遊脳夢脳

20110228

まさかの23時前帰宅はさすがに疲れた……というかそんな遅くまで居残る予定じゃなかったから何もかもの予定が狂ったわ……。

20110227

昨日から引き続き3DS三昧。なんか普通に楽しいわ……しばらくは新作も定期的に買う予定なので色々楽しみだなぁ……。

20110226

腹を壊してあまり寝られない中、ニンテンドー3DSを買ってきました。梅田ヨドバシに着いたのは8時40分過ぎだったと思いますが、10分も並ばずに買えました。オーズメダルの方が並んでいたんじゃないかな、という感じでしたが俺が買い終わった後には並んでいた時の倍は並んでいたので、ちょうど良い時間帯だったのでしょう。

でまあ帰宅して一通り遊んでみたわけですが、これはホント良いおもちゃですね。外装こそ若干高級感を漂わせていますが、入っているソフトウェアは遊び心満載ですし。立体視自体はそれほどでもないと思ったりするのですが、モーションやジャイロで遊べる顔シューティングやARゲームズが非常に良くて、これだけでしばらく遊べそうな気がします。まあかなり身体を動かすので家でないと出来ないのが残念ですが……。そのほかだと、3DSサウンドスキンにエキサイトバイク・ゲームウォッチなどがあったりアナログ時計にその曲が流れている時間が出てきたりとか細かいネタが入ってるのが良いですね。そもそもスピーカーが大分パワーアップされているので、これならゲームの曲自体にも期待できそうです。つか初期状態で入ってるソフトの出来がすこぶる良くて、任天堂かなり本気だしているように思います。

一緒に買ってきたソフトはスーパーストリートファイターIV 3D EDITION戦国無双Chronicle。事前にインタビューなどの内容を総合して、惹かれたものを買いました。スパ4はやっぱり携帯機というかボタン数の部分がしんどいですけど、それ以外は普通にスト4のように思います。つかタッチパネルに必殺技などを(溜め系含めて)配置できるので、こういうのを含めた戦略が考えられますね。そもそも同時押しがしにくいのもありますし。ただ出てからすぐということもあって、インターネット対戦待ち受けするとすぐに乱入されます。それこそ休む暇もないくらい。

無双の方は事前の体験会などのインプレッションを見ても大分評価が悪かったのですが、それは多分序盤であることとシステムを理解せずにプレイしたことが原因ではないかと思ったり。携帯機なので同時出現数などのグラフィック面ではやっぱりどうしようもなく、そこで評価がされなかったのではと思いますが、その分をシステムで補う形になっています。具体的にはタッチパネルで2〜4人の武将を交代させたり移動先を指示することが出来るため、今までだと主人公キャラでひたすら縦横無尽に戦場を走り回らなければいけなかったのが、イベントが起こりそうな所に移動先を向けておいてイベントが起こったらそのキャラにチェンジするとかそういうやり方が可能になりました。これで何が助かるかというと自分で敵武将を撃破しやすくなったこと。操作キャラじゃないやつに倒されてアイテムが手に入らないことが多かったので、この仕様は助かりますね。つか別にこれ据え置きでも出来るんとちゃうのかな……。なんにしても今のところはアタリという手応えなのでしばらく楽しめそうな気がします。

島本Gガンに出てきた東方不敗らしき島本キャラの正体が気になる。

20110225

家族ゲームの新刊を即読み終わったので早く続刊来い。

思っていたよりも自分が3DSを楽しみにしていたようでちょっと面白い。どういうことになるかなー。

20110224

同じページに対して4度5度と立て続けに修正が来て久々に暴言を吐く。

社長が訊く『ニンテンドー3DS』 ソフトメーカークリエーター 篇 第5回:『スーパーストリートファイターIV 3D EDITION』が想像していたよりも遙かにディープな談義で面白かったです。小野Pとプログラム談義で盛り上がる岩田社長は余裕だなぁというか、やっぱりこういうプロデューサーの人となりに迫るインタビューは秘境ではありますが良いですね。そういうインタビューでありながら、格ゲーというわりと閉じられていた世界において新しい客を誘おうと頑張っているカプコンの姿勢に任天堂がシンパシーを覚えている図式も見えます。カプコンはなんかちょっと閉塞したゲーム業界のちょっと先にいる気がしますね。中身が伴えば、の話ですが……。

まあ、これで発売日前のインタビューは終わった形かな。あとは発売日以降にもこの社長が訊くが継続されたら良いのですが……他にも楽しみなチームは一杯ありますし。そしていつになったらパイロットウィングスやゼルダが出るんだろうか……。

20110223

既に3DSがフラゲされたらしく各種機能が明らかになって期待が高まるわけですが、そもそも俺は土曜出勤せずにいられるのか……? 原稿が来るのが本当に遅すぎる。

20110222

朝からゾンビと戦うというか主に防衛戦を必死で構築する夢で目が覚める。舞台設定は完全にWORLD WAR Z。食料や綺麗な水の確保を最優先していたあたりが微妙にリアルというかなんというか……つか読み終わったのは1ヶ月以上前だったはずなんだがなぜ今更。

ラストストーリーのサントラがAmazonから届きました。発売日前にモノ届くとか初めてやで……。クリア済みなので大手を振って聴けるわけですが、改めて聴くとやはり映画音楽的なことが意識されているなぁとか思います。BGMに徹する度合いが高いというかなんというか、各種音楽がブロックに分かれていてそれぞれでループしていることが劇中が多かったので、そういう意味でちょっと劇伴サントラっぽく感じます。わかりやすいのは3パートくらいに分かれている"秩序と混沌と"ですが、他もそういうのがありましたし。色々雰囲気を変えているんだなぁとか思いました。

20110221

頭痛により午前休。久しぶりに鎮痛剤後付け失敗した……普段なら軽度の頭痛の時に即投入しているものなんですけど。早期投入しないと長続きするので判断を迅速に行う必要があるのがポイント。相変わらず難易度の高い病気やわ……。

20110220

ひさしぶりに焼肉食べ放題に行くなど。食べ放題行ってもサイドメニューとかで結局同じくらい取られるので、普段は普通に一品ものを頼むことが多いのですが、たまにはこういうのもよろしいですな。

朝は早くに起きて課外授業ようこそ先輩でピエール瀧見物を。思ったよりもしっかり教えている感がありましたが、無茶振りも相変わらずでさすが瀧でした。つか最終的にオッサンがやりたい放題やって帰っただけにも見えなくはないのが人徳というか日頃の行いというべきか……。

ところでNHKのサイトだと1976年生まれになってますがそんなわけないだろ。

20110219

ラストストーリークリア。Lv65、約25時間。ラスボス後に終章っぽいパートが追加されて、クリア後の島(厳密には違いますが)を回れてちょっとしたイベントも発生するというのは良いですね。

ゲームの作りとして思ったのは、「ゼノギアスDisk2のように細切れの物語をつなぎ合わせた」感が強いということ。これは開発者もそのように作ったと言ってますね。まあ全編がそういう作りですし、大まかな流れはちゃんとありますのでそこまで気にはなりませんが。ゲームの進行としてはFCの頃にあった「TRPGをゲーム化したようなソフト(D&D、ダークロードなど)」同様、拠点となる宿屋をベースに少しずつ話が進んでいく形。戦闘は固定マップによるTPSにも似たアクションと戦術が要求されるもので、ゲームマスターが配置したシチュエーションに従ってプレイしている感じを非常に強く受けました。システムというか骨子としてTRPGっぽい、というのが感想です。

そういえば、今週のファミ通の桜井さんコラムがラストストーリーのお話だったのですが、「(いわゆる)メッセージ送りをしなくともキャラが勝手に喋るのが、プレイ時間短縮と濃いプレイ感覚に結びついている」とか書かれてました。このゲームでは字幕こそ出ますが、だいたいのキャラは近づいたりイベントを契機に勝手に喋って、主人公が離れたり別のイベントが発生したりすると会話が途切れるのですね。昔『クロノ・トリガー』というゲームにおいて、開発中画面に「会話中に動いたり飛ばしたり出来る」みたいな紹介がされていたことがあって、実際ゲーム中ではそれはあんまり生きていなかったのですが、ラストストーリーをプレイして「あの時やりたかったことはこういうことなんじゃないか?」とか思いました。

全体的な評価としては色々もったいない部分もありますが、これからにも期待できますしこれ単体でも充分な出来だと思います。良いところとしてはとにかく戦闘が面白いことと、システムが軽いこと。つかこのカバーアクション含めたそこまで難解でもないけど思考とテクニックが要求されるシステムはもっと他に使われるべきだと思うし、そういう意味では「あたらしいかたちのRPG」といううたい文句はアリだと思います。難点として、せっかくムービーを早送りできるシステムがあるのにムービーが細切れに配置されていて飛ばすのが面倒だったりすることと、特に視点変更についてリモコン+ヌンチャクの場合、昔ながらの「正面向き」しか出来ないこと。他にも重箱の隅はいくらでも突けるのですけど、そこそこ楽しさで中和できるのであんまり気にならなかったり。

あとはせっかく植松さんの音楽が素晴らしいのに俺がムービー飛ばしまくってあんまり聞いてないことですか。システム上ムービーをスキップできるのは良いのですけど、イベントシーンの音楽が味わえないのは仕方がないことでしょうね。飛ばせる会話は可能な限り飛ばすのが俺のプレイスタイルなので後悔はしておりませんが。

まあ俺は総じて「良いシステムであり良い戦闘であった」と思っていますので、このシステムは(別に他の会社がパクるのも全然ありという意味で)継承して欲しいと思います。ファンタジーの世界観でアクションに振れすぎていない戦闘が楽しめる、というこのゲーム独特のプレイ感覚は是非他にも使って欲しいなぁ……。

20110218

クソゲーオブザイヤー2010見ましたが、結局年始の魔物を倒せるものはいなかったと。まあクソゲーが少ないのは良いことだとは思いますが、動画にもあるとおりにやはり一作品にかかる期間が増えてゲーム自体が減ってきているのは問題ですよね。今年の3DSで少しでも活況になればよいのですけど……。

インフィニット・ストラトスの人気っぷりを予想できなかった俺はやはり時代に乗り遅れているな……

20110217

雨めんどいです。

最近は就業時間の1/3ほどが「その日午後に入ってきてその日中」な仕事に追われているために効率が上がらず困りますわ……年度末は微妙に理不尽な要求が増えるから困ります。

ラストストーリーが佳境というか多分ラスボス倒した。明日にはエンディング見て感想書きたいな……というかそういう時間に帰りたいな……。

20110216

tenki.jpの花粉情報にいつの間にかハクション大魔王が登場してた。そろそろ花粉の時期でもありますな……大阪は花粉前線到来が2/25らしいですが、果たしてここ数年最大級の花粉はどんな感じになることやら……。

「サガ3時空の覇者」は,リメイクによって本当の意味で「サガ」シリーズ作に。NDSで表現される「サガ」らしさとは? 開発者インタビューを掲載とかいうようにもう色々なメディアで取り上げられてるからみんなプレイするといいんだ! 今なら多分ワゴンに入ってるだろうし。このゲームとソニックカラーズだけはホントもっと評価されるべきなんだよ……。

[ back to ../index.html ]