code:RND

遊脳夢脳

20091231

いつも通りに今年のまとめなり備忘録なりから。ちゃんと毎年これを続けている自分はエライと思えども、ギリギリまでこれを書いてないこと自体は全く誇れないと思います。

ゲームを買いすぎ

実は今年の隠れ目標が「月2本ゲームを買う」だったんですね。普段そこそこリミッタをかけてゲーム買ってるわけですが、リミッタを外したら一体どうなるかという。でまあ結果は……きっちり25本でした。通常のパッケージは。このほかDSi・Wii・PSPのダウンロードウェアが16本、同人ソフトが3本で総計44本。はい、やりすぎです。そのうち半分もクリアしてないしな……「立体ピクロス」なんかは全問解いてるんですが。まあこういう体たらくなので、普段の年ならあった「ゲームやってない時期」がほとんどなく、年中ひたすらゲームやってました。そもそも今年はWiiとDSiとパソコンも買ってるので、そこらへん関係の出費は恐ろしいことになってる雰囲気(1本除いて全て新品購入です)。まあ今年は元々結構な当たり年でもありましたしね。ドラクエとFFとサガとメガテンとポケモンが同じ年に出るっておかしいですよ。

ワンダーフェスティバルに参加

まさかコミケなんかの同人即売会よりも先にワンフェスにディーラー参加することになるとは思いませんでした。俺自体はオマケだったわけですが、ブログが2chとかアキバBlogで紹介されて思ったよりも人が来てなんかスゴイことになってました。来年2月のワンフェスにも参加しますが、そろそろまたブログを更新しないといけないなぁ……。

病弱ぶりを存分に発揮。

あまりに頭痛が酷いのでゾーミッグを追加処方されてみたり、唐突にメニエール病になってみたりと、わりと体調的にも波乱の1年でありました。特に難聴の方は1週間ほどマジでまともに行動できませんでしたし。正直これ以上持病が増えるのは止めて欲しいのですけどね(医療費的に)。年の初めから罹患していたら控除も考えようがあるけど、年末になってひっかかっても控除もらえる額にまで全然達しませんですよ……。

なんというか今年はゲームの合間に仕事したり料理したり病気になったりとかそういう1年でした。ゲーム好きとして今年の豊作ぶりは非常に嬉しかったんですが、しかし反省すべきはやはりお金の使いすぎ。というわけで来年は「節約」をモットーに過ごしていきたい! とは思うもののもう既に4本ほどAmazonで予約中なのであった。ダメだろ俺。

でまあ、今年も印象に残ったゲームは沢山ということで。正直これを1機種1つとかに絞るのは難しすぎる……特にDSはムリ。

PC : DJMAX Trilogy
今年の頭の方にはまっていたのがコチラ。音ゲーは好きではあるものの得意ではない俺なので、まだLv50にも達しておりません。要するにまだ出てない曲がわんさかあるわけでございまして……まあそれはともかく、本家本元であるKONAMIのビートマニアではあまり聞けなくなった曲調(R&Bとかヒップホップとか)がこちらには多い印象です。楽曲のクォリティは高いので、その点は素直に評価できると思います。ただ高難易度の譜面が楽しくないのがどうもという気はしますが。著作権問題クリアして日本でも出ないモノかなぁ。
DS : 立体ピクロス
個人的には文句なしで今年のベストゲーム。普通の人にもなじみ深いピクロスを3Dでやった、という時点で紙の上では出来ないモノになっているわけですが、それにプラスして「タッチペンでブロックを『壊す』」という感覚は他のゲーム機では味わえません(そういう意味ではiPhoneにも向いてますね)。1つの面が5〜30分で解けるものが多いのでついつい先に進んでしまうのですね。おかげで存分以上に中毒性が酷く、気づくと2〜3時間は泡の如く消えている有様。パズルゲーが好きな人なら文句なしにお薦めできるタイトルです。今なら画面の大きさ的にDSiLLでやるのがオススメ。
PS2 : アンリミテッド:サガ
非常に今更過ぎますが、今年唯一中古で買ったゲームです。あまりにクセがありすぎるので神ゲーとも良ゲーとも言い難いのですが、しかしハマれば十二分以上に楽しめるゲームでした。別売りの説明書(またの名を攻略本)とネットの解説サイトとかで初めてシステム的なことがわかるというハードルの高さはどうしようもないとは思いますが、それを乗り越えれば魅力的な世界と河津・小泉システムが待っています。条件が全てそろった状態なら、ラスボスの緊張感とか素晴らし過ぎる浜渦サウンド合わせて良ゲーと言えるんですが、いかんせんとっつきが悪すぎます。しかし俺は充分楽しみましたしまだまだ楽しむつもりですよ。
DS : ドラゴンクエストIX 星空の守り人
今年一番やったゲームはダントツでこれです。時間の桁が違いましてな……他のゲームとは100時間以上離れております。なんというかいつものドラクエではありましたが、細かいところで色々新しいことをしていたのが印象に残っております。特にそこそこ破綻無くマルチプレイを実装しているのが恐ろしい。基本的に一人でやっている人が多いでしょうからあんまり印象に残らないんでしょうけど、マルチプレイの楽しさは評価されるべきだと思います。全員で痛恨ガードできるしな! お話も鬱話の数が減ったのが良かった。黒堀井はマジでやり過ぎるからな……。
Wii : FOREVER BLUE 海の呼び声
今年Wiiで一番遊んだのはモンスターハンター3なんですが、一番楽しんだのはこちらのタイトルじゃないかなと。世間的には「Wiiで映像表現なんて限界があるよね」の槍玉筆頭候補に挙げられていたりしましたが、このゲームのキモはそれっぽい水棲生物の動きとかを愛でるゲームでありますので問題ありません。本筋を進めながらサブストーリーでひたすら魚FPSやったり水族館経営してみたりレア生物見つけてみたりと、未だに全収集要素の半分も達成しておりません。非常に遊び応え充分なのですが、こういう「労力だけはかかるけど売れ線ではない」ソフトってハードホルダー以外が出すの辛いんですよね……そういう意味で任天堂の次回作、並びにSCEの「アクアノートの休日」シリーズには期待したいところです。
Wii : 乱戦!ポケモンスクランブル
でまあ、こちらは一番Wiiで「回数を遊んだタイトル」。いわゆる「無双系」のアクションではありますが、非常にシンプルな操作性とポケモンならではの個体収集がお手軽に出来るのがツボりました。1ゲーム回すのに10分弱程度しかかからないのも良かったですね。実はポケモンに触るのがこのゲームが初めてだったんですけど、特にポケモンを知らなくても楽しめるというのはご新規さん相手に持ってこいなのではないでしょうか。
PC : 東方星蓮船 〜 Undefined Fantastic Object.
PC : 東方非想天則 超弩級ギニョルの謎を追え
また今年も東方が2作。追加ディスクとはいえまさか黄昏がここまでの制作速度を持っていたとは……EFZとかの頃が懐かしいですな。それはともかく、今年も安心クォリティの音楽でSTGなりグレイズ格闘が出来るのが良いです。星蓮船の方は序盤サックスメインで「あれ? 今回ちょっと神主毛色変えた?」とか思っていたら4面からいつものトランペット節炸裂。今回は全般的にボス曲の感触が良いです。非想天則は追加キャラがことごとくクセが強いというなかなかにチャレンジャーな仕上がりでしたが、ある意味これも東方くらいキャラが多いから出来る芸当でしょうな。
DS : ラブプラス
ドハマリこそはしませんでしたが、その作り込みなどが明らかに「これはスゴイ……」と溜息つかざるを得ないタイトル。細かいモーションとかリアクションとかそういうのが明らかに他のゲームと違うんですよね。この手のゲームでモブキャラ含めてフルボイスってのもビックリだし。何より「女は面倒くさい」というのを今までのタイマー入りゲーム以上に再現しているのが素晴らしいと思います。このゲームはいずれ亜種的なものが出るんでしょうけど、この作り込みを果たして超えられるものが出てくるのやら……。
DS : 真・女神転生 STRANGE JOURNEY
外伝っぽく見えたDSメガテンがまさかの本編ライクなLAW/NEUTRAL/CHAOSな展開に俺様大歓喜。難易度の取り方が完全に真3などの「属性によるバランス調整」になっているので、歯応えが非常にあります。まあ昔のメガテンって実際「剣・銃・火炎・衝撃」を抑えておけばなんとかなったしなぁ……それを考えると今回はダンジョン内で合体まで出来るので、計画的にというよりは「必要な属性をその場で拵えて凌ぐ」という要素を強く感じます。まあそれだけではどうしようもない部分が出てくるので、そういう場合にはデビルソース含めた合体を試行錯誤する必要が出てくるわけですが。なんにしても今回は「悪魔合体」を大分中枢に据えたシステムになっているので、それが好きな人にはたまらないものになってると思います。毎度お世話になってるパールヴァティが今回LAWなのが悩ましいぜ……。
Wii : FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
アンサガやってたときに実感したんですが、俺は本当に河津ゲーが好きなようです。この人は何作るにもまずシステムありきなんですよね……「Wiiのファイナルファンタジー」と銘打たれたこのゲームも、やっぱりそういうゲームでした。WiiでFFCCをやるというのに当たって、このゲームが選んだのは「FFという世界観で色々なリアクションが楽しめる」方向性だったと思います。それはモンスターや住人のリアクションなり、各種のプレイアブルイベントにしっかりと現れているんですが、逆に言うとその「色んな事が出来る」のを伝え切れてない辺りもやっぱり河津ゲーだなぁと思いました。それこそ本筋忘れてリアクション追ってるだけでも楽しめるのですけどね。方向性は非常に魅力的なので、このままこういうゲームをもっと作っていって欲しいものですが……次回はリモコン一振りで召喚獣を呼び寄せられるとかそういうのだといいな。
PSP : ファンタシースターポータブル2
年末に滑り込んできたのは前作がモンハン後追いでも細部を詰め切れなくて不満足感ばかりが残ったファンタシースターポータブルの続編です。こちらも現在100時間を超える勢いでプレイ中であります。アラこそやっぱりありますが、俺が前々から言っていた「緊急回避と任意ガードが実装されたPSO」としては今までで最も出来が良いです。なんというか、ドロップ率とか加速度的な敵の回避率・攻撃力の上がり方とか、「うわぁ……」とか思う部分までPSOだと思いますよ。つかPSZもそうだったけど、ここんところフォースが急速度的にマゾいだけになってる気がするな……。

毎年ここで紹介しているのって一応今年買ったゲームに絞っているわけですが、来年からはどうしましょうかね……時間的なことを言うとバーチャルコンソールで買った「シャイニングフォース」や「ファイアーエムブレム外伝」なんかも恐ろしくやってるんですよね。ただこいつらって「旧作」とかそういうレベルを超えているわけですし……こんなので悩むのも贅沢な悩みでございますが。ちなみに去年は今の時点でクラブニンテンドーのゴールドメンバーだったわけですが、今年は余裕のプラチナです。マジでもう一つアカウント作るべきか……これからもWii・DSソフト買うしな……。

2009年印象に残った購入物:音楽・コミック・小説編

CD : 初音ミク ベスト〜impacts〜 / 初音ミク ベスト〜memories〜
PSPの初音ミクの影響もありまして、今更ながらに初音ミク楽曲を本格的に聴き始めました。まあそもそもインストの方が好きな人なのでここらへんは仕方ないのでございまして。しかしベスト盤というだけあって、どの曲もレベルが高くてよろしいと思います。惜しむらくはVOCALOID曲はキーが高いのが多くて歌うのが厳しいということでしょうか! 炉心融解なんかまず不可能犯罪レベルだしな……。
NOVEL : さよならの次にくる 卒業式編 / 新学期編(似鳥鶏 創元推理文庫)
これは良い学園探偵モノ。前作の出来が良かったので続編出ないかなーとか思ってたらまさか書き下ろし分冊で来るとは! このシリーズは行動力はあれどもイマイチ決めきらないワトソン役と、一般常識が微妙にずれてはいるけれども「天才」と言っても差し支えないホームズ役の掛け合いがそもそも面白いのですが、卒業式編でまさかのホームズ役卒業。「えっ?」とか思ったらその後の展開を新学期編で持ってきた! 細かくは申し上げませんが2冊構成としての作りの上手さがものすごく印象に残りました。いわゆる「死体のないミステリ」作家としては文庫的に米澤さんの後継者みたいなもんかな。さすがにこれだけ上手いのを書かれると次回作にも期待が高まりますぜ。
COMIC : 以下略(平野耕太 ソフトバンククリエイティブ)
いやもうこれ挙げずに何挙げるのさ。だから早く「進め!以下略」の方も単行本化しろと言っておろうに! というわけでヒラコー好き誰もが待ち望んだダメ漫画がやっとこさ単行本化。だから早く(ry 内容はどうしようもこうしようもヒラコー以外の何者でもありませぬ。まあ今更俺が説明することでもないですしね。ただ今年俺が最も良く読んだ漫画といえばこれであることは年の頭から必定であり、だから(ry

普段の年に比べて、やはりゲーム以外の趣味へのしわ寄せが激しくなっております。実際買ったけどそれほど印象に残ってない、ってモノばっかりだしな……しかしこいつらはそういう枠からは違ったところに存在したのである! 他に挙げるとすれば音楽だと「Journey through the Decade(PV含む)」、小説だと「サクラダリセット」「僕は友達が少ない」辺りでしょうか。来年はもう少し本を読むべきだろうな……とは思うのですが。

2009年印象に残った出来事など

政権交代がグダグダに
まあ現時点で評価するもんでもないのかも知れませんが、恐ろしいくらいの朝令暮改の嵐とか顔出しすぎのラスボスとか、なんか想像を遙かに超えて政府運営がグダグダになっている印象であります。少なくとも自分たちが批判していたレベルのことくらいはサッサとやって欲しいものですね。現時点ではひいき目に見ても利権の付け替え中というレベルですが。

今年はもう色んな意味で民主党フィーバーでしょう。まさか毎週毎日ここまで話題を提供してくれるモノとは思いませんでした。来年はもう少しスマートに色々やっていただける期待は……全く出来ないですな。

結局今年もギリギリになってからこのまとめを考えていたので、大分時間がかかってしまいました。毎年言ってますが来年はもう少し早い間からやっておきたいものです。今日一日ずっとこれやってましたしね。

20091230

クドわふたーほど鬱フラグしか見えない新作も他にあるまい……。

近所のジョーシンに行ったらnewスーパーマリオブラザーズWii、ポケパークWii、桃太郎電鉄2010が売り切れてました。マリオとポケパークはわかるんですが桃鉄まで……この時期に機会損失するのは結構ハドソンとしてはもったいないよなぁ。

リッジ4が大好きな自分にとってはR4というのはリッジ4のことであって、なのでR4とかいうマジコンを扱っている業者は全員爆発すればいいと思っております。2chであげられてたR4はレンフォーの略語とかいうレスはダレウマでしたが。

20091229

コミケ1日目が始まっておりますが相変わらず1日目は企業ブースが修羅場のご様子。まあ男性にとってはそこが一番の狙い目だからなぁ……よくわかってないところが1日目だけで在庫ほとんどばらまいてしまったりするのもご愛敬。

今日は久々に日本橋に行ってきました。新品のオプーナを探しに。中古で買うのは邪道というモノです! とはいえさすがにワゴンとしても旬の過ぎたゲームだけあって、もはやどこにも売ってません。厄介者だからか、中古すら置いてあるところが少なかった気がしましたよ。これは人気だと思っても良いですね!(そんなことはありません)

今日はヤマダとヨドバシにも寄ったのですけど、やっぱり体感でいうとヨドバシの方が圧倒的に人がいますね。まあヤマダは通路が広かったりフロア自体が広かったりするので簡単に語れないわけですが、それにしてもアレはいいのかなとちょっと思いました。大阪の東や南の方に住んでいる人にはヤマダの方が便がいいのでしょうけど。

そういえばコスプレファーストフードの前を通りがかりましたが、見事にコスプレの必要がありませんでした。カウンターだけの店だとはいえ、所在なさげに客引きするだけが仕事って何かが間違っている気がします。

春ちゃんの気象豆知識(第0話「はじめまして 春ちゃんです」)が話題になっておりますが俺的には本コンテンツであるところのNW9-ニュースウオッチ9のメンバー写真が気になります。なんで一人以外明らかに目線違うの?

20091228

本日は仕事納め。得意先の関係上、普通の人よりもちょっと長い目に仕事をしていたのですが、まあ定時内には終わったので良かったです。これで積みゲーをなんとかする時間が出来た……っ!

ニコ動の過去ログ周りのインターフェースがちょっと改善されたな……

20091227

昨日寝るのが遅かったおかげで現在体調が非常に悪いです。……普通にクイズ合戦楽しんでたしな……。

オタロードにコスプレ巫女のファストフード店「大阪弁」がオープンしたそうです。なんつうか「バッカじゃねぇの?」とか思ったりもしますが、これ系の他の店舗が「外からでは店内の雰囲気がわからず正直入りづらい」というのを考えると、こういうカウンター型のお店はありなのかも知れません。まあこのお店の場合「コスプレでやる意味がない」というのもありますが。

20091226

コロぱた難民になったわー。

PSpo2、やっと所持金が1千万メセタを突破。称号がもらえたのでこれで心置きなく買い物ができます。つかぶっちゃけキツイってこの条件……とか思っていたのですけど、レベルが100超える前になれる辺りが今回のボリュームを物語っておりますな。

男4人でNHK紅白クイズ合戦をプレイしてみました。結論としては宴会ゲームとしては上級レベルの位置、「みんなでWiiをやれる」環境があるなら是非プレイしてみて欲しいタイトルです。NHKの番組4つをプレイしてみた感想としては、やっぱり「連想ゲーム」が難易度のバランスとしても緊張感としてもクォリティが高いなと。「ガッテン!」はクイズよりも情報番組としての本来の姿の方が強いですし、「面白ゼミナール」は若干問題が簡単なのでミスしたら負けみたいな緊張感があります。「ジェスチャー」は厳しい、ヒントはともかくワードが難しすぎますわ。

あんまり期待していなかったオリジナルクイズが結構盛り上がったのは良かったです。リモコンパニックQはWiiリモコンを上手く使っているんじゃないかな。クイズゲームとしては「若干難易度を低めにして、場のみんなが参加しやすいように」しているゲームだと思います。30歳代の男4人でプレイして「答えられなかった問題」がほとんどなかったですし。そういう意味でも普通に宴会ゲーとして良いと思います。クイズ番組好きにもオススメ。

個人的にはこのFFもオススメしたい。遊びの幅が広いアトラクションアドベンチャー「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」レビューがいい感じのレビューなんですが、やっぱりこのゲームは触れてみないとわからない部分が多すぎるので、いくら言葉を重ねても空虚に響くのですよね……そこが非常にもどかしいんですが。難しいものですわ……。

20091225

スーパーダッシュ文庫という商業小説のリーフレットのトップがなかじまさんの絵というのはものすごく感慨深いものがあるな……。

世界樹の迷宮の開発からランカースが外れたようですね。そうか……だからワイズマンズワールドが同時期に発売できるのか……。アトラス内製は正直不安要素しかありませんのですが大丈夫でしょうかね? まあもはや看板タイトルレベルにまで成長してきた世界樹ですので、下手な作りにはしないと思いますが……。

社長が訊く『NHK紅白クイズ合戦』がほぼ詐欺に近い人連れてきてます。なんだコレ! めっさビビッたっつうの! 当時クイズ番組好きだった俺の中ではもうこの人ほとんど伝説の人ですよ……。

今年も残り間もないわけですが、例によってまとめ文章を全く書いておりません。明日からは少しずつでも書いていかないと死ぬなこれ……。

20091224

お仕事を手伝ってもらえたので明日はちょっとだけ早く帰れそうな雰囲気。ヨドバシ空いてるといいな……そんなことあるわけないな……。

昨日の手巻きパーティで残った鯛の造りをお裾分けしてもらっていたので、本日の夜御飯は鯛茶漬けでした。初めて作る料理を高確率で失敗する俺にしては出来はわりと良く、これだけで作った甲斐があるというものです。茶漬け用にアラレも買ったので、しばらくは海鮮茶漬けを追及するのもいいかも知れない。

20091223

本日は友人宅で手巻きパーティでした。クリスマスに反逆する意味で食ってるものが海産物と肉まんという案配。しかし美味かったのでいいのです! 食い過ぎてしんどいですけどね。

ただ供出した電子ジャーがマジで重かった……友人宅までが本当に遠かったぜ……。

ユーザー投稿型レビューサイトでFF13が100点満点中38点のネガキャン嵐を見た後に「FF13」が38点と低評価スタート。mk2レビューという記事を見ると、点数の出し方のからくりについてよくわかると思います。ようは点数の比重がFF13には不利に出る形式だ、ということになるのですが……しかしアレだけ万人受けしないシステム突っ込んでおいて「評価が低い!」とか言われてもどうしようもない気が。FFは毎回精力的に新しいシステムの導入をしているわけで、「新しいものがいいとは限らない」わけですから、そのシステムが毎回万人を満足させるかと言えばそんなことはないわけで。まあ、ここらへんは沢山の人間がプレイするゲームならどうしようもないものだろうと思います。

「『世界名作劇場』になったガンダムなんて見たくない」CG嫌いの富野由悠季氏が挑むCGアニメ「Ring of Gundam」制作秘話がやっぱりトミノだったのでリンク。モノを作るということについての方法論をこの人ほど語れる人もいない気がするな……ここまで若い人間と戦う気がある、というのもやっぱり手塚さんのところで仕事をしていたというのが影響しているのかなぁ。

20091222

寝る前に鎮痛剤を早期投入したおかげで頭痛は比較的早期に治まりました(ただし夜の4時頃くらいまで唸ってた)。しかし毎回のように「もういいわ……」とか言ってる気がする。

みんなのニンテンドーチャンネルに「斬撃のREGINLEIV」の映像が来てましたが、「速さ」より「重さ」を重視しているように見えて、個人的には期待度が上がりました。なんというか、初代サムスピみたいな感覚? しかし来年2月は現時点で5本買う予定があるからヤバイな……。

20091221

残り営業日は少ないわけですが、かなり仕事が詰め込まれそうな勢いになってきました。何がヤバイって全部24日からの仕事になりそうなところが。いや……実質作業は今週しか出来ないのですよ?

そして微妙に頭が痛い。

しかし日本はホントに任天堂とスクウェア・エニックスの爆発力だけはスゴイな。

20091220

HAHAHA、指がかじかんでまともにキータッチできねぇぜ……。しかしこれでも今年は暖冬らしいが。

Twitterを始めています。とりあえず頑張って定時報告的に使おうとしていますが果たして何日保つのやら。ほっとくとTwitterを使うことを忘れるのが俺。アイコンも悩みに悩んであの体たらくだし……ホントはモアイがイオンリング吐いてるようなイメージにしたかったんですが。

お腹の調子が悪いので屁が臭くて仕方ありません。なんかもう色々テンション下がる。

20091219

そろそろワンフェスについても考えていかないといけない所存。

限定「ガンプラ」まとめ買い、ガンダムのプラモ「EXPO」25日までというニュースを見たので、夕方に阪神百貨店まで行ってきました。俺が行った頃には既に3品ほど限定品が完売しておりました。ただ限定品がなんかクリアパーツ使ったやつばっかりで、正直あんまりいいとは思えませんでしたです。ガンダムエクシアのメタリックカラーバージョンはちょっと良いと思いましたが、HGサイズだったので購入は見送り。MG以上だったら買ってもいいかなーと思っていたんですが……。それよりは満面の笑みでMGズゴッグを買っていった女性がスゴイ気になりました。

展示は、まあそれほど広いブースではないのでこんなもんかなという印象。ただ「ゲームのみに出てくるモビルスーツ」とか「雑誌展開分のもの」とかのくくりで展示を分けているのはちょっと良いなと思いました。ブルーデスティニーってHGUCで出てたんですね。むしろプラモの写真撮ってる人らがみんな笑顔なのが面白かったですね。展示というのはこうあるべきだと思います。

20091218

寒くて死ぬるよ! 部屋の中と財布の中が! 今日の医療費が1万円を超えた俺に明日はあるのか!

いや……一応念のためと昨日2万円下ろしておいて正解だったわ……入れてなかったら俺調剤薬局で恥をかくところだったよ?

ラブプラスが特集されてるCONTINUE Vol.49を買ってきましたが、インタビューとかの切り口が他のインタビューとかとはちょっとだけ違っていて、そこが印象良かったです。仕方ないとは思いますが、この手のインタビューは時間が経つ度に同じ文面を読まされることが増えますしね……(同じことを言わされる側もきついとは思いますが)。

20091217

羽生善治名人が杉浦航くん(小6)と対局し30手で投了させるという大人気ない事件が発生といいますが、羽生さんって小学生の時に「将棋初段への道」とかいう本に載ってたくらいに普通に天才少年だったので、昔の自分を思い起こしながら指してたりしたかも知れないですね。そもそも羽生さんは中1で初段だしな……。

20091216

比較的体調がよくないわけでありますが、あとちょっとすれば冬休みですしもう少し持ちこたえれば。

2009年 オリコン年間シングルランキングトップ100 結果速報を見ましたが、嵐が売れているのは本当に固定客だけなんですかね。着うたでDL出来ないという理由もある、とエントリには書かれていますが……。しかし着うたを反映しないとまともに業界を反映したモノにはならなさそうで。

ZUN様アクションフィギュア、晴れて公開|もげろぐがクォリティ高すぎた。なんつうか「これはひどい」というしかないくらいにひどい。むしろ売り切れるくらいに売れて欲しい。

ファンタシースターポータブル2のまいにちいっしょ連動イベントやってみました。普段のまいいつと比べてしまうので、やっぱりネタをもうちょっと仕込んでおいて欲しかったなぁと思いますが、これはまあ贅沢というものでしょうね。

[ back to ../index.html ]