code:RND

憂鬱自適

20030415

ほぼ日刊イトイ新聞 - 『MOTHER』の気持ち。にもあるとおり、MOTHERの1と2がワンセットになってGBAで出るようです。それにプラスして、3も製作中なんだそうです。3の完成を心待ちにし、また制作中止発表にガックリきてしまった俺としてはこんなに嬉しいニュースはありませんよ。けど嬉しいといってもなんか淡々とした気持ちですね。喜びがすごくジワッときてます。まあとりあえず1+2は買うでしょうね、間違いなく。CMを見たところ、2の画像しか出ていないのが少々不安材料だったのですが、ちゃんとサイトには1の情報も出ていて安心です。あのかなり厳しいゲームバランスも移植されるのか、楽しみ楽しみ。

QUITERの掲示板を見ていたら、「せめて1のグラフィックを2並にしてくれればいいのに」と言っている人がいましたが、俺としては全く逆ですね。昔のあのグラフィックのままの方が嬉しいです。懐古主義懐古主義。ま、ここらへんは俺がゲームのグラフィックに特にこだわりがないから、というのもあるのだと思いますが。グラフィックなんかよりも音楽の再現性の方が重要です。つうか求めるところは音楽くらいかな。シナリオやゲーム性が変わるわけはないんだし、グラフィックにもあまり興味がないから余計に音楽に注視するのです。スノーマンとかイースターの音楽が綺麗に出ていれば良し。

よく「Sir, Yes, Sir!」という単語をweb上で目にするのですが、これ「フルメタルジャケット」とかいう映画に出てくる台詞だそうですね。「逃げるやつはベトコンだ! 逃げないやつは、訓練されたベトコンだ!」 とかいうのもそうらしく。しかしすごい台詞ですな。「そびえたつクソ」とか。これ訳した人間は楽しかったんだろうなぁ、罵倒だらけで。

20030414

ここ何日か、パソコンの画面がやたらグラグラ揺れていまして、「ああこのモニタも寿命かな……」とか思っていたのですが、今日動作中にいきなりブラックアウト。「うわ、モニタじゃなくボードだったか!?」とか考えてこれ以上の出費はイヤだななぁというか今月もう残り5000円なんだぞみたいなことがぐるぐる頭の中を駆けめぐったのですが、バラしてみたらなんてことはなくビデオボードの刺さりが甘かっただけでした。ここのところパソコンはトラブル続きだったので最悪のパターンしか考えられなかったのですが、今回はなんとかなったようです。

しかしなぜかPCを立ち上げたらインターネットキャッシュファイルが破損していたり。もう全力で何がなんだかわけわからん。パソコンは鬱陶しいなぁ……。

ネット見るまで今週号のジャンプでテニプリが休載しているのに気がつきませんでした。

COOLは好きだったのですがテニプリはそうでもありません。

あー、確かにこの手袋でやってもらったりしたらすごく気持ちよさそうだ(何が?)。けど素材がなぁ。やっぱ絹じゃないと。

はい、僕は変態です。かなり重度の。しかも妄想オタ。ダメダコリャ。

STAR LIGHT PARADE経由駿河電力よりとらのあなで『CYBER GRANDPRIX -CHAMPIONSHIP-』予約開始。ようは同人ゲーの予約開始というやつなんですが、開発元のPROJECT YNPに行ってみたらこれがものすごく良くできてそうです。サイバーフォーミュラが大好きな俺としては外すことができない代物ですよこれは。やったら絶対アスラーダの台詞しゃべりながらブースト発動させるんだろうなぁ。

CARTはトレイシー3連勝か……強いなぁ。今年は調子も良さそうだしさしたるライバルもいないしこのまま独走かな? ジュンケイラがなんか微妙なんだよなぁ。個人的には前々からカーペンティアが好きなのですが、そんな強くないし。

ところでWRCは、スバルが青で三菱が赤、プジョーは銀というイメージなのですが、今はどうなっているんですか? なんかグロンホルムの車は真っ赤っかなんですが。

20030413

友人宅から朝の6時半に帰ってきました。さすがに一睡もしていなかったのでそのまま寝ようと思ったのですが、せっかくなので投票所が開く7時になるまで起きてから寝ることに。ちゃんと投票してきましたですよ。皆さんは投票されましたか? 俺は明確ではないですが投票指標はありますので、毎回投票することにしていますが……一票で何が変わるわけではないですが、一応自分の意思表明をする場、という風に俺は捉えています。

昔から持っている明確な指標は「うるさい立候補者には票を入れない」ですが。夜の10時とかに選挙カー回す人間とかマジいたからなぁ……。アホかっちゅうねん。

20030412

弟が結構楽しそうにスーパーロボット大戦をやっているので、俺も見習ってやってみることに。現在はリアル系女主人公で第13話まで進んでます。14話の触りだけやったらブレンパワードメインのシナリオで劇中いきなり"ephemera"がかかって感動。ブレンは音楽だけ聴いたことがあるのですがこの曲が一番好きでしたので。菅野よう子の疑似ドラムンベースは大好きなのですよ。この曲が聴けただけでもちょっと価値はあるかなとか思ってしまったり。

今のところメインで使用しているのはクロスボーンガンダム2機。基本的に避けて当てる機体が大好きなのです。まあ一応まんべんなくレベルを上げてはいますがこのままだと絶対詰まるだろうなぁ……。

20030411

基本的に俺の行動の90%は突発衝動に基づくものなのですが、昨日は仕事中にふと思いついたことを実現するために迅速に行動してました。会社を定時に退社して電車に飛び乗り、梅田で乗り換えの合間に怒首領蜂・大往生を購入し、そのまま御堂筋線で難波へ(ヨドバシカメラが御堂筋線のすぐ側にあって助かりました)。ほぼタイムロスなしに行動して、目的地に着いたのは目的時間の10分前。やればできるのだな、みたいな感じでしたよ。

というわけで、「リベリオン」を見てきました。From dusk till dawnイレギュラーエレクトロンで紹介されていたので、一度は見たいと思っていたのですよ。それがたまたま今日だった、というだけです。

感情が管理される社会となった近未来に、『ガン=カタ』と呼ばれる武術を持って感情を持つ人間を処罰する“クラリック”と呼ばれる人間がいた。その中でも最強と噂される主人公ジョン・プレストンは、とある女性との出会いにより、禁じられている感情を持つようになっていく……というような筋かな。SFアクションですね。「マトリックス」さえ見ていない俺にすれば、初めて見るSFアクションかも知れません。

とにかく「ガン=カタ」が鮮烈。ガンアクションに東洋武術の“型”を取り入れたそれは、敵に銃弾をぶち込みながらも、敵が撃つ弾を統計学的に紙一重で避けるというものだそうですが……実際見るともう呆気に取られてしまいます。様式美って言うんですかね。敵弾の飛び交う中に突っ込んでいって瞬く間に踊るかのように敵を倒す様は痛快というかなんというか。東洋武術だけあってカタナの扱いも抜群です。何よりストップモーションがほとんど使われてないのでほんとに「瞬く間に」という実感と主人公の超人っぷりがよくでています。ラストのガン=カタ使い二人による鍔迫り合いというか銃迫り合いは燃えました。この映画が始まる前に「X-MEN2」の予告があってですね、その時見たワイヤーアクションが非常に鼻についた俺としては、この映画みたいに生身重視でガンガンやってくれるほうがいいですよ。

ストーリーとしても、少々運びは遅いですがその分じわっと動かしてます。主人公が感情を表すシーンが冒頭の鉄面皮の部分との対比でいい感じに見られます。ベートーベンの音楽を聴くシーンとか、リボンを触っているシーンとかが特に。ヒロインの結末が非常にあっけないあたりも、その後の主人公の心情と合わせて好感触。あと主人公の子供役の演技が地味に良かったように思います。やたら利口で実は策士だし。あと音楽が荘厳な感じでこれも良かった。惜しむらくは見た映画館が音響設備がイマイチだったこと。全然響いてこねえんでやんの。

つうか何をおいてもクリスチャン・ベール演ずる主人公のガン=カタです。全体的につっこみどころは多々あるのですが(特に主人公のパートナーとなる新人クラリックが矛盾だらけでかつ見かけ倒しなこと)、それをさしおいてガン=カタがあまりに格好良くて確実にこの映画の評価をあげるのに一役買っています。つっこみどころの新人クラリックですが、彼の浮かべる微笑みが非常に邪悪っぽくてこれも印象に残りました。続編が出るのかわかりませんけど、個人的には見てみたいです。ワンスモア、ガン=カタ!

とりあえず大阪では18日までしかやっていないようなので、お暇な方は是非。ただ、ガン=カタのみを期待される方には少々物足りないものになると思います。が、俺は十分に楽しめましたし、今まで費やした文章量を見てもらえればそれがよくわかってもらえると思います。こいつはええもん見ましたわ……。

怒首領蜂・大往生の特典DVDをさっそく鑑賞。俺としてはゲーム本体よりもこの特典の方がメインでして、見るのがとても楽しみだったのですよ。

まず、見ているときの俺の反応。

なんか見ている俺がおかしくなったのかと思うくらいのムチャクチャっぷり。「俺はこのゲームやっちゃいけないな」って思いましたよ。いやだっておかしいもの。特に2週目の人外な弾速と量は人間が反応できるものとはとても思えません。……が、その明らかに供給過剰の弾幕をすらすら避けていくさまは「異常」。こいつらは現代におけるニュータイプとしか言いようがありません。だいたいなんでラスボスまで1機も失わねえんだ……?

ゲーム自体もやってみましたが2面止まり。つうか難しすぎるんですよ。絶対難易度設定おかしいってこのゲーム。とはいえ個人的には特典DVDだけでもうおなか一杯です。これだけで十分元は取れました。ゲーメストビデオ買うような感覚ですかね。値段も六千円とこれまたゲーメストビデオ的お値段。や、これはたまに見て「嘘や!」とか言ったり「はぁーっ……」とため息をついたりするためにあるもんだと思います。

20030410

ここのところパソコンのトラブルとか飲み会とかでちゃんとした時間に寝られていなかったので、昨日は夜10時に就寝。ほとんどやりすぎのような感じですが、これで寝不足は解消できるだろう! ……と思っていたのですが。ふたを開けて見れば朝11時の段階で既に眠いです。不眠症というのは睡眠時間を増やしてもあまり眠気に効果はなさそうです。けど減らすと如実に効果は現れるんだよなぁ。もういや、不眠症。寝るときは耳栓とアイマスクをするという万全な装備なのになぜここまで快眠できませんか。

つうかもう、規則正しく夜中の3時に目がさめるこの体はなんとかなりませんか。これは俺に丑の刻参りをしろということなんですかね?(どうでもいいことですが「ウシノコクマイリ」というのは和風RPGの技名でありそうですね) 俺が思うに、多分膝枕で寝たら結構ちゃんと寝られそうな気がするのですがどうでしょうか。誰か(というかピンポイントに女の子)俺に膝枕してくれませんか。俺に安眠をプリーズ。安眠と、安らげる空間をっ!(別のテンションに)

……いや、膝枕をし続けることが苦痛なのは百も承知ですが(つっこみどころはそこではありません)。

しかし「ダブルブリッド」はアンハッピーエンドにしかなりえない雰囲気なのですがどうするつもりなのかなぁ。書評見る限りほとんどの人がそう思っているみたいですし。暗ーい雰囲気のままで終了、というのはあまり好きではないのですが……。

検索かけたらアミノンジャーの緑が野添義弘さんという役者であることが判明。他の人は一応誰だかわかっていないようで(レッドはたぶん松村でしょうけど)。アミノンジャーといえばオタ的には音楽担当がゴレンジャーと同じく渡辺宙明先生というところに目が行くと思います。こういうマニアックな部分に注視されるとちょっと嬉しかったりしますね。

自動アンケート作成+好きな作戦という箱がありまして、「おそらくトップはあれだろうな……」と思って開けて見たら案の定「ナジカ電撃作戦」がトップでした。俺は第1話しか見たことがないのですが、これでもかといわんばかりのパンツぶりにあきれ果てた覚えがあります。結局あそこまでやってしまうとインパクト勝ちなんでしょうね。

さあ今日は怒首領蜂・大往生の発売日だ。楽しみ楽しみ。

20030409

昨日は帰ってきたら普段の就寝時間を過ぎていて、おかげで普段にもまして睡眠不足で眠たいです。仕事場の歓送迎会だったのですが、そこで飲んだ酒が微妙に残っていてちょっと気分も悪いです。テンション低め。つうか結局俺はいじられキャラなんだなぁと実感しただけでした。実りがないというか、面白みのない職場ですよ。

20030408

「目を皿のようにする」というのは、字面だけ見ていると目を横倒しにすることといっても通じるような気が。

あー、だめだ。鬱だ。

20030407

昨日のパソコントラブルは大変でした。何が大変だったかというとWindows2000を再インストールするのが。4時間ぐらい時間掛けてますけどその内3時間ぐらいはそれにかかりきりでした。何しろほとんど全てのアプリが起動しないというのは深刻で、エクスプローラが起動しないので2000のCD-ROMのsetup.exeを立ち上げられないという感じ。「ファイル名を指定して実行」も使用したらWindowsごと固まるし、かと言ってCDから立ち上げると「ハードディスクがインストールされていません」とか出るし。とにかくここらへんの試行錯誤でヘトヘトになりましたよ。今までVGA周り以外でトラブルもなかったPCなので辛かったです。

かといっていまだに原因が不明なので、これの経験を踏まえて……というようにはいかないのが辛いところ。アプリが立ち上がらないというのは一体どういう状況だったのかというのが気になります。こんなのWindows使っていて初めてですから。イベントモジュールがどうのこうのというエラーメッセージを見たような気が……。

とりあえず家に帰ったらサウンドドライバをインストールしないといけないのですけどね。なんか昨日触っていた間はビープ音しか出なかったし。ドライバCD-ROMをどこに置いたのかが不明なのですが。

仕事場で「終末の過ごし方DVD」(アボガドパワーズ)の通販予約を。ゲーム本体よりも付属の原画集が目当てだったりします。つうか持ってはいるのですがアボパの特典に対する姿勢とか見るたび、ここは本当に職人集団だな、と思ったりします。大好きなソフトハウスですので、通販も一種の利益還元策と思ってやりました。信者のお布施のようなものですね。

おかげでワリと今月ピンチで、相変わらずギリギリの生活になりそう。またお昼ご飯節約することにします。お昼節約する前に本代を節約するべきなのですが。本代だけはどうしても節約できないんだよなぁ……欲求に弱い俺、格好悪い。

20030406

普通の大学って1期の制限取得単位いくらなんだろう……? 俺が在籍していた学部は24単位だったのですが、ネット上を見ている限りはこれ少ないんですよね。

いきなりパソコンの設定一式が壊れた上、ほとんどすべてのアプリケーションが起動しなくなるというさっぱりわけのわからん現象が発生。なんとかWindows2000再インストールでアプリケーションに関しては動くようになりましたが、設定一式が壊れたのがむちゃくちゃに痛いです。アカウント設定からデスクトップの設定から何からすべてがおじゃんになってしまったので、1から環境構築し直しですよ。今日はこれを直すのに4時間くらいかけたのでもう日記はいいです。つうか猛烈に八つ当たりしたい気分です。いったいなんなんだよこの現象はよぉ!

20030405

昨日買った「第二次スーパーロボット大戦α」ですがもう飽きました。いや、単純にめんどくせーのです。新システムになって、「被害を出さずに敵を残さず全滅させる」のに結構時間が掛かるのですね。つうか全般的に装甲が薄い……。ま、いいや。もう適当に流すだけになりそうだし。

Amazonで注文した品が届きました。

今まで知らなかったのですが、前者の人は「エスプレイド」などのイラストを描いている人です。エスプは大好きなのでほぼお布施としての勢いで。内容読んでないのでまだどうとも言い難いです。後者はワリと好きなスポーツジャーナリストの方の著作だったので。どちらかといえば両方とも購入動機としては弱いです。つまりなにかといえば衝動買いです。お金が入ると今まで目に入らなかったモノが見えてくるモノなのですよ……。

20030404

なんか「ジーンダイバー」がDVD化されるとかいう噂が。本当ならメチャクチャ嬉しいのですけど。1話だけ取り逃しているのが今でも悔やまれる、というか俺が全話(ではないですが)ビデオに残しているのってこの作品だけだし。ただNHK系列の番組なので値段が張りそうな気がする。どんな感じになるのかなぁ。

とりあえず今後の出費予定は「怒首領蜂大往生」「斑鳩DVD」「終末の過ごし方DVD」くらいかなぁ。それよりも今までに買おうと思って買っていなかったものに手をつけるのが先か。CDとか本とかいっぱいあるもんなあ。キングゲイナーのサントラとかロボット大戦とか。

とまあ色々と言っていたわけですが今日いきなり衝動買いしてしまいました。「第二次スーパーロボット大戦α」です。乗換駅でいつも乗る電車が目の前で発車していった腹いせに買ってきました(理不尽な怒り)。ああこれで今月の出費計画が一気にメチャクチャ。

かなり仕事が暇なので平気で純情恋愛板とか見ていたりします。前の仕事場でもしてなかったのに。基本的にオコチャマな俺としてはここを見るのがすごく楽しいです。

今いろいろと鬱なのは今までの逃避と妥協の人生の報いなんだろうなぁ。

今日は帰りの電車が遅れていたのですが、そのときの電車のアナウンスが「お疲れのところまことに申し訳ありません」でした。この前の朝遅れていたときは「お急ぎのところまことに申し訳ありません」で、時間帯によってちゃんと変えているみたいです。しかし遅れた理由が「ダイヤの乱れ」というのがなんとも。そういうことあるんだ、みたいな。電車が遅れる理由は全て人身事故だと思ってました。まあそうアナウンスしないだけかも知れませんけど。

「師父は関係ねえだろ師父は」

キタ! 中坊がキタッ! そのまま葉巻をプカーッと吸うんだ拳志郎!

ファミ通で見たのですが、「ときめきメモリアル2」のi-アプリが結構出来が良さそうです。ちっちゃい画面にちゃんとイベントシーンとか描いてるし。最近は音沙汰がありませんが専門家のg-ya君に判定してもらいたいところです。そういえば「Piaキャロット」とかも確かそういうゲームあったよなぁ。試してみようなんてこれっぽっちも思いませんが。

20030403

どこで見つけたか忘れましたがレゴでいろいろ作っているすごいサイト。子供のころ、よくダイヤブロックでゴールドライタンを作ったものですけど、こちらの奴はちょっと想像を絶するクォリティです。個人的にはガオガイガーがすごいと思う(合体シーンまで再現……)のですが、オリジナルメカの格好よさもかなりのものです。ブロックでここまでされたらメーカの方も言うことないだろうなぁ。

最近は就寝が22時30分、起床が6時30分と早寝早起きを絵に描いたような生活をしています。しかし実際のところ、床につくのは22時30分ですが実際に寝付くのは0時過ぎ、そして朝5時には絶対目がさめるという単に寝不足推進生活になっております。つうか不眠症なので睡眠時間を多く見積もらないと必然的に寝られる時間が少なくなるわけですが。そもそものこの不眠症をなんとかしたいですよ。グッスリ寝られた記憶がねぇ。

キヤノンってなんかキセノンみたいな感じですね。

かーずSPの戯れ言よりファミコン必勝本で熱かったゲームたちを。小学校・中学校の頃はゲーム雑誌を軒並み買いあさるようなゲーム少年だった俺ですが(雑誌の買いすぎでゲームが買えない位雑誌を買ってました)、その中でも一番参考にしていたのはファミコン必勝本、通称「ヒッポン」でした。レビューが当時のどの雑誌よりも辛口だった、という印象がありますが、これに紹介されて点数が高いゲームはどれも標準以上には遊べる、という安心感もありました。これ見てなかったら「ダークロード」とか「大怪獣デブラス」とかやってないですし、俺が古いWizフリークであることもなかったでしょうね。当然これで読んでいたから「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」も買ったわけですし。俺の青春の何%かを占めていた雑誌でしたよ。というわけでファミコン必勝本を語るスレにもリンク。

つうか中学生当時に俺が買っていた雑誌ってかなりの量ですよ。コンプティーク・ポプコム・テクノポリス・ヒッポンスーパー・月刊PCエンジン・PCエンジンFAN・MSXFAN・ゲームボーイ……あたりかなぁ。あとたまにログイン・MSXマガジン・ゲームボーイマガジンとか。ファミ通(あのころはファミコン通信で週間でもなかったですが)は買ってなかったし今でも買ってないのですね。特にあの頃はファミ通が嫌いで、「ヒッポンを買ってる自分はキレてる!」とか思ってた時代でした。まあそういうところにアイデンティティを見出す時代だったと思って懐かしく思うことにします。今も変わってるとは思えないのが悲しいところですが。

20030402

朝から人身事故か何かで電車が猛烈に混んでいまして非常に不愉快気味です。詰め込み率120%相当と思えるほどの混み具合で姿勢を整えることすらまともに出来ない状態でした。こんなに混んだ電車に乗ったのは大学受験以来です。なんにせよ非常にテンションが下がりました。

Site K4より福本豊「お笑い野球解説」。福本選手といえば全盛期の阪急を支えた盗塁王ということで有名ですが、いざ解説する立場に回るとメチャクチャ面白いことを言ってくれてます。つうか解説になってねぇ。

本日の森博嗣信者のお買い物。

これで既に今年4冊森博嗣の本を買ったことになりました。なんか今年は25冊出すとか言っていたらしいですが、そのほとんどを買うつもりです。ええ信者ですから。

微妙に「鳳ボンバー」が燃える展開になってきていて注目。

TYPE-MOONが商業活動へシフトするみたいですが、もともととらのあなとかでしかその作品を買ったことがない俺としては現状とあまり変わらないのですね。まあソフトがパッケージになって値段が跳ね上がる、くらいなのかな。税金とかTV化とか色んな絡みがあっての商業化でしょうから、俺から何か言えるわけでもないし。ま、俺は1ユーザですので面白いゲームが出るのならそれでいいです。一応「奈須きのこ」ブランドとしてゲームは買うでしょうけど。

20030401

本日はエイプリルフールでございます。今年もいろいろなサイトがいろいろとやってくれることだと思いますが、とりあえず見た限りで印象に残ったのは今年も阿呆をやってくれたiremですか。微妙に各部凝ってるけどおざなりな機体スペック表画像がいい感じ。けどインパクトとしては「どきどきすいこでん」に勝るものはないよな……。

あとairoplane.netでなつかしのムーノーday。ムーノーローカルがなくなって何年になる? 大学時代はよく見ていたサイトでした。

ちなみにウチではエイプリルフールネタはやんないです。面白そうなの思いつかなかったし。まあいついかなるときもただ漫然と更新するというのがこの日記の趣旨でもあります。たとえば「死にたくなるほど鬱になったので死にます」とか書いても俺の場合しょっちゅうこんなこと思ってるのであまり嘘にもならないし。「健康になりました!」とかいうのはあまりに信憑性なさ過ぎるし。

「メモリアルイヤー」が「メタルファイヤー」に見えた俺はいい加減キングゲイナーから離れられないのか、という感じですな。声質が基本的に軽いのでこの歌を歌いこなすことが出来ないのが非常に残念です。

最近、俺が全ての物事に対して消極的なのは、結局のところ自分に自信がないからではないか、という結論に至りました。というわけで最近は自信をつける方法というものを探しているのですがこれがなかなか見当たりません。まあ一朝一夕でどうにかなるものでもないとは思いますが、現在の消極的な姿勢はとりあえず改めたいと思うんだよなぁ。

ただここで問題となるのは、自分に自信を持っていた時代(高校、大学あたりですかね)に比べると今の自分に自信が全くない状態のほうが「面白い」と言われることなんですよね。つまり俺が自信を持つと面白みのない人間になる、ということですか。そう考えるとちょっと逡巡してしまいますよ。このままでもいいのかなぁ、とか。

<p class="back"><a href="../index.html">[ back to ../index.html ]</a></p> </div> </div> </body> </html>